不動産の担保評価

不動産投資において
不動産の担保価値は重要な問題となります。


最近、日銀の量的緩和解除のニュースの影響か、
銀行さんもちょっと貸し渋っているという話をよく耳にします。


新規に追加で貸し出しには慎重な姿勢です。


もちろん、物件がなくなったというものあります。


実は、これまでの価格上昇を支えてきたのは
業者さんなんです。


しかし、金融機関が物件に対して貸し出しをするときに、
必ずと言っていほど評価証明等の資料の提供を要求します。
それは、その土地の評価と建物の評価をしているわけです。


この物件にはどれくらいの価値があるのかな、
って具合です。


つまり、利回りがよくても、
土地と建物の評価額があまりに低い場合には
物件に対しての融資額も低くなります。


首都圏では収益還元法で
物件の価値を算出する金融機関もあります。


が、まだまだ主流ではないような気がします。


賃貸物件における収益性で評価するのは
危険が大きすぎます。


利回りを上げるために、
何でもかんでも入居者を入れている状況があるからです。


新築の物件でも、
数字上利回りが回っていれば、OKという発想で、
ファンド系の方々はどんどん物件を購入し、
お金を集めています。


実体経済はそんなによくなっていません。


今は、慎重に投資されるのがいいのかも知れません。


スポンサード リンク

不動産投資について
不動産の担保評価
収益物件の魅力
入居者の絶対条件
投資信託について
投資信託について
投資信託の仕組み
投資信託の歴史
投資信託の魅力
金融機関
最近の金融機関

スポンサード リンク