最近の金融機関

不動産投資信託などの金融商品を扱うには
最近の金融機関の動向や方針を
十分に知っておくことも大切です。


そこで問題なのが
収益物件を買うにあたって
融資が下りにくくなっているということです。


融資が通りにくくなっています。


金融機関から融資の了解を得て
手付けを打ったんですが、
ふたを開けると融資が実行されない。


どこをまわっても同じ回答です。


結果、その買主さんは
ヤミ金から借りて
その場をしのいでいるようです。


しかし、結果はもう見えてますね。


そんなことがところどころ起っています。


また、あるオーナーさんは
物件を高く買い過ぎたので
融資を受けた金融機関から
「売りなさい」と言われています。


これまでの過剰な売買に歯止めをかけるべく
金融機関はヤッキになっていますね。


そのオーナーさんは
買った値段より
金融機関が指定した金額が低いので
売らずにいます。


塩漬けですね。


これから購入されるオーナーさんや
初めての方は
充分に注意を払って検討してください。


スポンサード リンク

不動産投資について
不動産の担保評価
収益物件の魅力
入居者の絶対条件
投資信託について
投資信託について
投資信託の仕組み
投資信託の歴史
投資信託の魅力
金融機関
最近の金融機関

スポンサード リンク