投資信託について

投資信託(とうししんたく)とは、
多数の投資家が資産運用会社に資金を預け、
資産運用会社がその資金を株式や債券、
金融派生商品などの金融資産、
あるいは不動産などに投資し、
その運用で得た利益を
投資家に分配する金融商品のことをいいます。


集めた資金をどのような対象に投資するかを、
投資家が選んだ専門家に信じて任せる(信託する)ので
「投資信託」と呼ばれています。


不動産を主な運用対象とする
新しい投信として、2001年11月に誕生しました。


最大のメリットは、
証券取引所に上場しており、
証券会社を通じてリアルタイムで
売買できることであるといえるでしょう。


株式と同じように
指し値注文も成り行き注文も行うことができます。


長らく続いている低金利政策のため、
銀行など金融機関への預貯金だけでは
資産形成がままならない昨今、
非常に注目されている資産運用法で、
預貯金と最も異なる点は、
元本保証の金融商品ではないということです。


投資信託の運用成績は
市場環境等によって変動し、
運用によって生じた損益は
全て受益者に帰属します。


従って、運用が上手くいけば
収益を得ることができますが、
一方で運用が上手くいかなければ
元本割れすることもあり、
運用の際には自己責任が
求められるのが原則です。





スポンサード リンク

不動産投資について
不動産の担保評価
収益物件の魅力
入居者の絶対条件
投資信託について
投資信託について
投資信託の仕組み
投資信託の歴史
投資信託の魅力
金融機関
最近の金融機関

スポンサード リンク