投資信託の仕組み

投資信託の仕組み についてお話しましょう。


投資信託の商品は
投資信託会社(運用会社)でつくられ、
証券会社や投資信託会社、銀行、生損保などの
金融機関を通じて販売されます。


その商品を、投資家(受益者)が購入すると、
申込金は信託銀行の運用会社名義の口座に
振り込まれます。


申込金と引き替えに、投資家には、
その投資信託を保有することで発生する
分配・損益を受け取る権利を表す受益証券が
運用会社より発行されます。


運用会社では、
ファンドマネージャーが運用方針や投資対象を決め、
金融市場に株式や債券の売買注文を出し、
約定が成立すると信託銀行に売買内容を通知します。


信託銀行は運用会社の指示に従って
資金と株券・債券などの交換や受け渡しを行い、
株券・債券を保管します。


信託銀行では自行の資産とは区別して
投資家の資産(信託財産)を保管しますので、
仮に信託銀行が破綻した場合でも
信託財産は守られます。


そして、
運用による分配金が
投資家の取引口座へ入金される仕組みになっています。


スポンサード リンク

不動産投資について
不動産の担保評価
収益物件の魅力
入居者の絶対条件
投資信託について
投資信託について
投資信託の仕組み
投資信託の歴史
投資信託の魅力
金融機関
最近の金融機関

スポンサード リンク